ひとりごと その214


004.jpg


皆様明けましておめでとうございます。
なんといっても酉年!!バタバタ行きたいものです。

昨今、歳をとったな~~と思うことが多々ありまして、
若干悲しかった去年のお話を少し・・・・。

まず、1号と行ったボーリングで30ピン差で負けたこと・・・・。
2号と走って競争をして、あっさり負けたこと・・・・。
4.2号に餌と間違われて噛まれたこと・・・。(笑)

ことのほか私と0号以外は元気なものでして・・・振り回されながらの生活です。

また去年は久しぶりに、大阪に墓参りへ行ったのですが、
その時の道中で(電車で行くのが面倒でしたし、
バスに乗り換えるのも嫌だったので、大阪の友人に
新大阪から生駒まで連れて行ってもらいました。)

この男とは昔から仲が良く~なんだかんだで、笑ったり、
どんちゃん騒ぎをしていたんですが・・・・。道

中で「墓を探さないといけない」なんて言い出しまして、
(たまたまお父さんが亡くなった関係で・・・・)そ

れで、うちの墓参りのついでにその墓所の景観を見てみようと思ったようで・・・・。

20代のころは「あそこのお姉さんがかわいいとか・・・・」
30代は「子供が大変だ~」いう話に代わり・・・
40代では「退職したらどうしようかな~」という話になり、
50代では「墓の話に・・・・。」
60代になると何の話になるのやら・・・笑

また、違う友人から電話があった時に「正月にどこか行くの~?」と
聞きましたら「お~毎年行っている、熊本の、かじかに行く!」といいます。
話を聞きながら、「かじか」「かじか」なんだか違うようだけど話が続きます。
途中で「ん??山鹿だ!」という事で盛り上がり、
「そのあと福岡の汁屋を見に行く」「汁」「汁」多分言ってるのは、
茅乃舎(福岡にある有名なお店です)でも汁屋ではなく出汁屋さんですね。

言ってる意味が間違ってはなくて話の意味が通って通じるのですが、
名詞が違うので非常に気持ち悪い・・・・笑

これを歳をとったというんだろうな~と感じています。
ちなみに4.2号は自分の名前を呼ばれなくても人の名前で振り返り・・・・。
娘の名前を呼ぶと尻尾を振り。近づいてきます。
4.2号よ・・・お前も同じかと思ったりもするわけで・・・。
こんな当店を・・・本年もよろしくお願い申し上げます。

ひとりごと 213

075.jpg



お手ができると4.2号と、呼ばれても動かない2号・・・・。
それ以外にも・・・・。
ちんちんができる4.2号と、寝たら起きない1号・・・・。
などなど・・・・。


なんで、うちのお子様たちは、こんなに動かないんだろうと思う今日この頃です。

その点4.2号の華麗なるステップ・・・・。
「ボス!散歩ですか!?」「ついて行きやずぜ!」
「ボス!おやつですか?」「お座りもできやすし。
見てくださいこのお手の素早さ・・・・。」
「お手、お手、お手、お手・・・。」「クレクレクレ・・・・」「わ~~~」

その様子を見ながら1号が一言。

「育てたように育つ・・・・」

「じゃ~何か??」「おまえは・・・・」
「ず~とだらだら、うにゃうにゃ言うのを聞きながら育ったの?」
という話に・・・・なるわけです。

まあ~親も親なら子も子という話ですね。

でも・・・・その子が大きくなってきているわけです。
というのも、部屋に圧迫感があるという事です。
なんとなく広い部屋だな~~と思っていた10年前から、
昨今部屋が狭く、息苦しくなってきているという事です。・・・笑 

例えば玄関・・・・。黒船の襲来かという1号2号の靴が、
私の靴に乗りかかっていたり私の靴を襲っていたり。
靴を脱ぐ場所がなかったり。とうぜん玄関がその調子ですから、
どこもかしこも似たような感じ。挙句に女3名ですから、
当然のごとき私と、4.2号のいる場所は少なく・・・・。

ただ勇士4.2号は気に入らない、場合はマーキングというすべに出ます。
私はそれは流石にできないので、おとなしくそれを見て見ぬふり・・・・。
なんとも消極的な威厳の保ち方をしています。(来年は威厳を取り戻すぞ~~(^^♪)

早一年ですね。少し早いですが、皆様よい一年をお迎えくださいね。

ひとりごと その212


IMG_6504.jpg


「ふ~ん~~」なんて思ったことが一つ・・・。

「亡くなった人を北枕で寝させる」
「人の生死には潮の満ち引きが関係する」
「満月に男はオオカミになる」などなど・・・・。

そんなこともあるのよね~~という話の中

「北東、南西方向で寝るのはいけない」とか
「水のある場所はいけない」などいけない話もあるわけです。


さて、今回は、ネットで見た「わんわん」の話し~


「犬がうんこをするのに南北方向でする!」

「はあ~?」(便をするときにクルクル回ってよし!みたいな最終方角です)というお話ですが、

これをまじめに研究した機関があるようで・・・・。
調査を行ったのはドイツとチェコの研究チームのようです。
それも37種類70匹。7475回の行動を見ながらつぶさにされているようで(なんと2年間)、
その結果、大半がその行動をするというものです。

これを、なぜしようと思ったのかはわかりませんが、これが地球の自転に関係する
磁場の問題とあいまわるそうです。こうなると話が陰陽師の話になっていきますが、

「わんわん」もそういうことがわかるという話なんですね。

よって「亡くなった人を北枕」とか
「水のある場所は磁場が乱れるのでいけない」というのを自然界の摂理の中で

実験~という楽しい話なんです。

こうなると・・・・当然!「4.2号」の行動を注視するわけですね・・・・。

まず1日目・・・・。「あら、うんこしない・・・・。」
2日目「微妙に北向き・・・・。」
3日目「違う、お前そっちじゃないだろ~」
4日目「微妙に南向き・・・・。」

なんだか、方向が違うと少し抱っこをして「ここだ!」
「この方向だ!」と動かすと「しない・・・・。」

可哀そうに、ふん詰まりの4.2号はイライラすること間違いなし。(笑)
やっぱりドイツの犬と日本犬は違うのかな~~なんて思ったりもしています。
でもただ今、方角を見ながら今日はこっち昨日はこっちなんてのを
記録しながらの散歩を心がけています。

そんなこととは、関係なく自由に歩き回っている
4.2号を見ているとそんなこと、どうでもいいか~~
なんて気持ちになるのも本当です。

誰もいないところに吠えたり、眠りながら寝ぼけて唸ってみたり、
たまに足をバタバタしながら走っているようなポーズを見せるのを
見ていると、おまえ犬でよかったな~~と
1号2号を見ながら感じております・・・・笑

ひとりごと その211

音楽が好きで~お店で流したり、ギタ~を少し弾いて遊んでいることが多いのですが・・・・。
これが調子に乗ってくると意外とうるさい!それを、0号に咎められては、
静かにコーヒーを飲んで知らん顔をしている私ですが・・・。


81hD_llaepL__SL1200_.jpg


「時は、元禄・・・まで古くはないですが・・・」
大学の時にバンド出演をしていて、私たちの前に演奏した連中の、
曲がよかったことを覚えています。その時は曲名を彼らに聞いたのですが、
完全に忘れていまして・・・・笑(昔から物覚えがよくなくて~)
かれこれ、30年以上がたっています。

よってその曲は30年よりも前の曲・・・・。
友達にギターでリフを聞かせても「知らんな~」「??」とかいう返事は
結構いただいてダメでした。
それがたまたま、買ったCDの中に入っていまして、勝手に車の中で鳥肌が
立っていたのは私です。曲は「ジェームスギャング」の「FUNK49」

そのCDはエリッククラプトンが、いろんなメンバーとセッションをしたもので、
ジョーウオルッシュがギターを弾いていたまでわかりました。
イーグルスまでは、よく聞いてましたが、
その前は聞いたことがなかったので、わからなくて当然だったわけです・・・。

30年ぶりにわからなかったことがわかるというのは、たいそう、うれしいもので
調子に乗ってアマゾンでCDを買いました(←ここは0号には内緒(^^♪)

この喜びを誰かに!と思って1号に言えば~「よかったね」
2号は「ふ~ん」0号は返事もなく・・・・。
仕方ないので4.2号に「聞いてくれ!4.2号、誰も相手してくれん!」と
ぼやいていました。するとペロペロと手を舐めてくれます。
「お~お前はわかるか!」と寂しくもあり侘しい私が一人・・・・。

「ふん黙って!おやつをくれてやる!」と背中を丸めて小さくなってる
52歳と血気盛んな1歳は仲良く部屋の隅っこで・・・・笑

犬はかわいいですね~~文句も言わず~逆らうこともなく・・・・。
「やっぱりお前が一番だ!とかなんとかかんとか・・・・。」
52歳のたわ言はいつまでもいつまでも、終わりなく続くわけです。

でもね実はもう1曲あるんですよね・・・。そういう曲が、
これはメロディーも完全に忘れていて歌っていたのも
男性だったような気がするんですけど、それもさだかではなく。
これを見つけたときは、またこんな話題を・・・・。「ね~4.2号~」

ひとりごと その210

IMG_6603.jpg

夏も終わり・・・・秋が始まりかかるこの季節は、なんとも物悲しくもあり
そして、赤とんぼを見ながら少しだけ感傷的になる季節でもあります。


でもそんなこととは関係の無い、1号、2号、4.2号は感傷とか、
高くなった青空を見ることも無く過ごしております。
さすがに高校生になった1号の夏休みの宿題をすることも無いであろうと
思っていた8月の後半・・・・。一人黙々と感想文を書く、52歳の背中が・・・
あることを、なんでも見通す広いお天道様でさえも知らないであろうと思われます。


自分が高校のときに読書感想文なんかあったかな~~とか悩みながら、
結局最後は読書感想文を書いたのですが、昨今、目は薄くなり・・・・モ
ノの読解力が下がってきている私にとって、「まず本を読むところから・・・はじめよ!」と
1号に言われたときは、「なんでお前のをやらなあかんねん!」という話に・・・・

さすがに、高校生の読書感想文となると、あんまりふざけた文章もかけませんし、
普段パラパラ読んでる推理小説というものではまずいし・・・。
感動した本とか言うのも自分ではある気もしますが、かなり古い話なんで、覚えてないし~~

ということで短いエッセイを読んで、普段の父(私ですね)との会話や、
やり取りを混ぜ合わせながら、書き上げて渡しました。
出来上がりは、全然読書感想文ではないものとなりましたが、
これは、かすかなる父の反抗です・・・・(~_~)


その反抗心の塊の私と、いつもスタンバイの4.2号・・・・。
昨今笑える話がありましたので、ちょっとだけ・・・・。

お盆に墓参りに行かれないので、少しずらして、お墓参りにいきました。
距離が距離ですし、(淡路島なんで)娘孝行もしないといけませんので、お泊りで・・・・。

さあ~4.2号をペットショップに渡して高速を走ること1時間・・・・。
いきなり0号の電話がなります。「??」と思っていましたら、
そのペットショップのお姉さんから。電話で話す内容が少しだけ聞こえるのですが、
それよりもず~っと鳴いてる4.2号の声。まあ結論から言うと、鳴き止まないようで・・・・
「どうしよう」ということでした。それから2時間後、こちらから電話をかけますと
やっぱり「わんわんわん!!!!」「うわ~こりゃ~夜中も鳴いたらどうする??」
ということだったのですが、鳴いていたのは日中だけのようで・・・・
ペットショップの方には大変なご迷惑をおかけしました。
結局4.2号は、ほぼ1日中鳴きまくっていたようで・・・・。

ただのうるさい犬に成り下がったようです。(笑)
プロフィール

渡邉 勝哉

Author:渡邉 勝哉
広島市 安佐南区 高取駅前で薬屋を営む くすりのあきてんしん堂 の店主。漢方薬の相談 健康相談 ダイエットなど幅広くご相談に応じます。お気軽にお尋ねくださいね・・・・ 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる