FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりごと その225


時代は変わるなんて言いますね・・・
また、一時代が終わって次の時代が始まるとか・・・・。

そんな話。私は2代目で25年が経ちましたが、2代目という事は、
当然初代がいます。それがオヤジですね。その親父が10月31日に旅立ちました。

思い起こすと14年前。温泉でもらったレジオネラ肺炎で、緊急入院をし、
それから生死を彷徨い・・・・。入退院を繰り返し、この度心不全で亡くなりました。

一番は、リハビリのやりすぎから、春先に体調を崩して急激に弱くなったのですが、
それを見ながら夏を越えることは難しいと思っていたのですが、
夏を越えて誕生日を越えての10月31日でした。(享年83歳)

それでも8月には危ないときがありまして、病院から朝5時に呼び出しがありまして、
呼吸が乱れて息が止まることがあるとのこと、「お~やっぱりダメか・・・」と
思ったのですが、復帰・・・・。その復帰の仕方も傑作で・・・・。

眼を閉じると「ピー」とナースステーションから音がする「おい!おい!」と
呼んで目が開くと、音が止まる。「ピー」「おい!」目が覚める、
こんなことを繰り返していますと、声にならない声で「アイスが食いたい」
看護師さんに聞いてみますと、(まあ~最後だからみたいなニュアンスで)
「いいですよ、差し上げてください」じゃ~最後かもしれないので、
奮発してハーゲンダッツを・・・うちの0号が少しずつスプーンで口の中に入れてあげると、
ちょっとずつペースが速くなり、終いには自分でスプーンをもって食べる始末・・・・。
それから、「ピー」という音もなくなり、せっかく集まったみんなも11時には解散・・・・。

私はその日東京に来てくださいという事があったのですが、急遽飛行機をキャンセルし・・・。

よく食べる人だったのですが、その時も「死ぬよりも食欲が勝ってたんだろうね~~」
という笑い話にもなりました。(これは後で知り合いの薬屋に聞きますと、
死ぬ間際に一次的な低血糖を起こすそうで、それがアイスで持ちこたえたんだろうという話でした)

今は、四七日も終わり、少しずつ父親がいないという事にも、なんとなく慣れてきました。
「名は体を表す」のとおり、(よこいち一、はじめさんですが)1番が好きで何でもかんでも、
私が1番だった親父。今では遺影の写真からにこやかに、こっちを見ているだけです。

うるさかった、親父が何も言わなくなる・・・・。
わかっていた現実ですが、静かな日々が流れています。
元気なのはうちの4.2号だけ・・・・。頭をなでると、舌で手を舐めてくれます。
「うまいか?俺の手・・・・(^^♪)」今年1年ありがとうございました。
来年もご愛顧よろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

渡邉 勝哉

Author:渡邉 勝哉
広島市 安佐南区 高取駅前で薬屋を営む くすりのあきてんしん堂 の店主。漢方薬の相談 健康相談 ダイエットなど幅広くご相談に応じます。お気軽にお尋ねくださいね・・・・ 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。