ひとりごと その184

よくまぁ~毎日毎日そんなにも寝ることができるね~と感心することしかりの、1号です。
寝ている姿は、痩せたセイウチがひっくり返っている状態です。


IMG_4830.jpg



ついぞ数年前までは小さいのて持ち上げて、布団に運ぶこともできたのですが、
今では、蹴飛ばしたり、踏んだりして移動をすることとなりつつあります。
0号と背の高さが変わらくなってきていますので、やはり前を遮る大きさが邪魔になることしかりです。

ただ・・・面白いのですが・・・1号・・・0号より気持ち背が低いのですが、
足の長さはだれが見ても1号のほうが長い・・・不思議ですよね・・・
足の長さは背に比例をすると思っていた私の頭の中から、見事に崩れ去っております。
そこをリラックマパンツがチョロチョロしているわけですから、うちの家ときたら・・・という感じです。
私以外のオスはおりませんから、当然父の立場は弱くなることしかり・・・涙

味方は、4つ足の3.2号だけとなりつつあります。

昨日お客様との話のなかで・・熱い風呂の話になりまして・・・
この暑い風呂というのは親父殿(私の立場で言いますと私の親父のことです)が
入った後の湯温は高すぎては入れない・・・という話です。
確かに思えば、親父が1番風呂で時間の関係でその次に私が入っておりましたが、
かなり水で埋めなければ入れませんでした。
それが今では同じことをやっているという話です。
そんな話は言われなければ「ピン」と来なかったのですが・・・・
「確かに、そうだ・・・」みたいなお話です。


これは年齢的なものですよね・・・(笑)悲しいかな・・・
年齢=腎という話は何回か書いたことがありますが、
この腎が老いてきているという話なんです。
腎が老いると下半身が冷えますので、下半身を手っ取り早く温めるのに
熱い風呂が好きで、熱いから長くは入れない・・・
(よっておじちゃん連中は基本早い入浴となるわけです)カラスの行水ですよね・・・笑 

また熱い風呂に入るときは、入る瞬間からつかるまでに呼吸を止めます。
「あ~~~~~~」(←で呼吸を吐くので)これがその1日の呼吸不足を
改善することもできますので、思ったよりも効果的です。
でもあまり熱いのに入っていると当然血圧の上昇をきたしますので、
身体にいいわけもなく・・・・笑 よって何事もほどほどが一番かと・・・
要は歳をとるということは・・・ストレスがかかり冷えるから熱い風呂が好きとなるようです。 

その熱い風呂に入れて上から抑えるという楽しい作業を
3年ぐらい前まではやっていたのですが・・・1号に・・・
そういう楽しみもなく、昨今はリラックマパンツウーマンと楽しいお風呂を過ごしています。
プロフィール

渡邉 勝哉

Author:渡邉 勝哉
広島市 安佐南区 高取駅前で薬屋を営む くすりのあきてんしん堂 の店主。漢方薬の相談 健康相談 ダイエットなど幅広くご相談に応じます。お気軽にお尋ねくださいね・・・・ 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる