ひとりごと その90


よく続くな~~と思い直すのがこの90回目の「ひとりごと」
毎月こそこそと書いておりますので、足掛け8年が近づいてきているわけです。
8年間と言いますと長くて短いのですが、私にしてみればあっという間ですし、1号2号にいたっては、なんだか昨日のことのようですし~~0号は顔にカラスに、けられた跡(一般的にシワといいますが・・・)が目立つようになりました・・・・笑

最近悪さに磨きがかかってきている2号・・・・昨今の口癖は「姉ちゃんが、たたいた~~」「姉ちゃんが、取った~~」「姉ちゃんが、のかん~~」そんな話ばかり・・・・6:4ぐらいで1号が悪いのですが、残り4は、巧妙な手口を使っている気配があります。

そしてもっとすごいのが~~~「姉ちゃんが取った~~」「どぅえ~ん!!」と泣きながら、「姉ちゃん出して!!!」 「はっ!?」と思っていますと、自分が悪いことをしたときに、外に放り出されるのを、姉も嫌がっているのを、よくわかっているわけです。外は大変怖いところのようで、暗くなってきますと、より一層、力があるのは、皆様も小さいときならご記憶もあるでしょうか・・・・笑

とくに1号2号お気に入りの極刑は「押入れの刑」「3.2号とお外の刑」 やはり押入れよりは、お外がお気に入りの様子です。・・・・笑 
3.2号はお外の刑を喜びますが、1号2号には、とんでもない話のようです。

まあ~~そこで、番人や陪審員や門番をしている私ですから、力が増大なのは、いわず知れたことでしょうか・・・・・大人はいいですね~~こんなときは若干幸せを感じますね・・・・・

ここで概略的な、力関係を記載しておきます。(今のところ) 0号>私>1号>3.2号>2号 こんな感じです。3.2号は生まれて1年ですが、すでに2号を抜いて1号をも、ごぼう抜きで年齢を重ねています。たぶん私をも、抜いていくでしょうから、歳をとるというのはすごい物です。

3.2号は頭の中で優先順位があるようでして、たまに2号がチョロチョロ歩いていますと、後ろから行って仁王立ちをし前足で、2号をポンとついています。
重さはあんまり変わりませんから、やられた2号は泣いて、3.2号は知らん顔で去っていきます。

なんだか毎日がそんな風に去っていくのもいいものですね~~~
日々之好日・・・・もうすぐ夏ですね・・・・・

プロフィール

渡邉 勝哉

Author:渡邉 勝哉
広島市 安佐南区 高取駅前で薬屋を営む くすりのあきてんしん堂 の店主。漢方薬の相談 健康相談 ダイエットなど幅広くご相談に応じます。お気軽にお尋ねくださいね・・・・ 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる