ひとりごと その47


たまに会合や公演なんかでお外に出るときに、着る事がある「スーツ」。
これがいつもは薄汚い「白衣」を着ているもんですから、
たまに着ると本人はいたって、うれしいわけです。

その姿をお客さんに見られると、やっぱり!!かっこいいのでしょうね・・・・(笑)
「あら~どこか行くの~」と言う声がかかります・・・。
すると「僕5歳 七五三・・・・」なんてことを良く言っていました・・・・。
その私が本当に子供と七五三に行くなんて考えもしなかったのですが・・・・

さる11月14日お店はパートさんにがんばってね~、とか言って
宮島にうちの親父おふくろを引き連れてアナゴを食べに行きました。
じゃなくて七五三へ行ってまいりました。
(うちの親父は牡蠣が好きですから、七五三ではなく牡蠣を食べに行ったのかもしれません。
一人で生牡蠣を3人前、焼き牡蠣を3人前そのあと、腹が減ったとか言いながら牡蠣フライ
定食を食べていました。)

人それぞれの思惑をもった七五三ですが、子供より浮き足立っているのは「親」のほう・・・・。
嫁さんは何を着ていこうかを1ヶ月前から考え、たんすの中を見ながら「服がない」・・・・。というし、私はダイエット効果が出てか昔の服がはいったり・・・・。写真館を予約したり・・・・。
うわ~金がない!!


14日当日のお子ちゃまはもっと傑作!!「おいおい!あわててどこ行くんや・・・」
と言う感じで車に乗せられ、写真館へ・・・・。
写真館では着物や化粧をされて、どこかのお姫様になったかの様子・・・・
「よきに、はからえ・・・」「茶を持て、じい~」てな様子です。
でも長時間は耐えられないようで少しずつ本領発揮!!
「宮島」に行ってからは、「ま~七五三??かわいいわね~」と行くところで散々言われ・・・・
もしかしたら、自分は特別の存在??と思っていた節があるようです。

でも女の子は大変ですね~次の七五三は4年先・・・
下の子供の方が先ですので、あと全部で3回・・・・
破産したら皆様「かんぱ」をよろしくお願い申し上げます・・・・(笑)

七五三というのは・・・・
思うにその子供の健康を祈願するところから来ていると思います。
大人でいう「厄」も年齢的な節目ですよね・・・。室町時代あたりから始まり、11月15日に固定したのは江戸時代と聞いています。今も昔も子供の健康を考えるのは、変わらないということでしょうか・・・・。たまに神社にいって、神さんの意味を知るというのもいいかも・・・・そんな長い1日でした・・・・。(あ~疲れた・・・) 
 皆様少し早いですが、今年1年ありがとうございました。来年も変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます・・・・。では良いお年を・・・・。
プロフィール

渡邉 勝哉

Author:渡邉 勝哉
広島市 安佐南区 高取駅前で薬屋を営む くすりのあきてんしん堂 の店主。漢方薬の相談 健康相談 ダイエットなど幅広くご相談に応じます。お気軽にお尋ねくださいね・・・・ 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる