ひとりごと その36

明けましておめでとうございます・・・・本年も変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます。
子供は「風の子」なんて言い方を昔からよくします…。誰がなんでつけたのかはよく知りません、子供は比較的寒さに強く、年をとればとるほど寒さに弱くなっていくようです。
その点僕は「暑がりの寒がり」という状態が年々ひどくなっていますから、やっぱり歳をとっているわけです。(悲しいな~)なぜ「子供」が寒さに強いのかは、僕なりに考えますと
「運動量」と「体温」平熱です)に関係しているように思われます。誰でもそうだと思いますが、
今の時点の運動量と子供のときの運動量では、点と地ほど差があるはすです・・・・。
(小さいときなら歩<距離をバイクや車に乗ったりということから・・・。いろんなことを含めてです〉まして「体温」に関しては、当然子供のほうが高く、歳をとれば低い・・・・。の2つに「新陳代謝」なんかが絡んできますから、体温の高い人は病気をしにくく、低い人はしやすいということに・・・。

 ところで最近の子供は「外で遊ばない」ですよね・・・・この遊ばないという行為は「体の発育」を促さないばかりか弱い子供を作る要因になりやすいと思われます。また小学生の高学年ぐらいから、女の子は月経がはじまります。ところが高校生ぐらいでも「生理不順」や「ひどい生理痛」に悩まされている子供が非常に多いです。こういう子供に共通して言えることは「食事がきちんと取れていない。」「低血圧」そして「低体温」ということです。
生理が不順ということは、子どもができにくいということなのですが、なかなかそんな話には、なりにくいし、しにくいものです・・・・。でもできることなら「低体温」は治したいものですが・・・・。

 ちなみに中年以降の低体温は「神経痛」、「リウマチ」、「カゼをひきやすく治りにくい」
「体調が優れない」に始まり、しいては「臓器の働きを落としますので」「癌」「自律神経失訴症」に陥りやすいようです・・・・。お困りの方はお気軽にお申し付けください・・・・。
(また今回は別紙に低体温のことを書きましたので・・・・。)なんでこんなことを書いたかとと、うちの娘は寝るときに「布団」に入るのを嫌うわけです。とんなに布団をかけても、気づいたら外に出ている・・・・。でも風邪をひかないのです。体温ガ高いから風邪を引かないわけです〉朝起きたら僕の顔の前に娘の「しっこ臭いオムツつきお尻」があったり、「足」があったり・・・・。どんな寝返りを、うつのか・?というも不思議に思っています。 最近のうちの子どもの、新しい儀式は「お風呂に入浴削を入れる!!ということ!!お陰で袋入りの入浴剤を買わなくてはいけないので「不経済」きまわりないものです。(笑)でも本当に幸せそうにやっております・・・・。困ったっもんです。では皆様また来月・・・・。
プロフィール

渡邉 勝哉

Author:渡邉 勝哉
広島市 安佐南区 高取駅前で薬屋を営む くすりのあきてんしん堂 の店主。漢方薬の相談 健康相談 ダイエットなど幅広くご相談に応じます。お気軽にお尋ねくださいね・・・・ 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる