ひとりごと その33

健康保険が、赤字というのが最近騒がれております・・・。もしかしたら、最近は毎年保険料が上がっているのかもしれませんが.・・。老人医療の問題や、乳児医療などが、上がると大変なこともありますが・・・・。でも、赤字になるのは支払額より、使っている額が多いから赤字な訳ですよね・・・。(うちの家計によく似ています・・・。(笑))でも保険そのもののシステムが悪いと思うんでけどね~・・・。例えばカゼで、初診療込みの値段は11,240円だそうです。(ちょっと古いので、今はもう少し高いようですが)ちなみに内訳は、診察料3,000円 注射料1,750円 処置料100円 検査料3,710円 画像診断料2,680円です。これに薬代がのりますから、まともに払うと1万7千円ぐらいかかります(でもこれの1~3割負担ですから)まあビックリすることはないですが、国の負担額は、かなり大きいことがわかります・・・。胃潰瘍で、薬代込み7万円、大腸ポリープで6万9千円、高脂血症で2万5730円、狭心症で6万6140円となっています。(はじめていった場合で~す。当然2回目からは下がりま~す。)ね~高いですよね~・・・。うちでも「カゼ」で1万2千円ぐらい使ったら「治るな~」と思ったりします。(それをたまに、風邪薬で1000円が高いと言われるといつも腹が立つのですが・・・。人間が出来てないのかな~)でもイギリスみたいに、1万5千円位まで実費というのもしんどいですし、といって保険料が上がるのを見ているのもつまらないですし・・・・。この件に関する解決策は無くて、国は困っているようですが、結論からいうと「病気をしなければわけいいですし、上記の中で1番高いのは「検査料」ですから、昔みたいにお医者さんが見立てで治す!!という方法にすればいいわけです・・・。そこで国から見た私たち「薬屋さんの指名」は・・・。「お客さんの病気を、前もって悪くしないようにしてください」ということを言ってきています。でもなかなか・・・。で当店の提案ですが・・・・。「自分の病気は自分で治す」「病気をしない体力をつける」この2点に尽きると思うのですが・・・・。如何なものでしょうか・・・・?今は昔では考えられない病気が増えてきています。例えば「狂牛病」「エイズ」「抗生物質の効かない病気」・・・。現代文明に対する「しっぺ返し??」なんて事を言われておりますが、半分そうかなと思っています。でも反面、体力があればいいのかなと思っています。さあ~今日から体力をつけてみませんか??体力をつけるのには「運動」もそうですが、エネルギーが必要です。エネルギーには「アミノ酸」が1番です。手軽に飲める「アミノ酸」を各種用意しております・・・。御気軽にご相談ください・・・。当店の「アミノ酸」大好き娘は、アミノ酸をカプセルに入れて飲むという高度な技を披露しております・・・。そのアミノ酸は「キョーレオピン」ですが(キョーレオピンはカプセルに自分で入れて飲む滋養強壮剤です)カプセルを噛み潰して飲むものですから、口の隙間から「レオピン」の黒いよだれをたらして走り回っています。なんだか四谷怪談より「怖い」な~と感じる秋の一時です・・・。
ではまた来月・・・・。              
プロフィール

渡邉 勝哉

Author:渡邉 勝哉
広島市 安佐南区 高取駅前で薬屋を営む くすりのあきてんしん堂 の店主。漢方薬の相談 健康相談 ダイエットなど幅広くご相談に応じます。お気軽にお尋ねくださいね・・・・ 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる