ひとりごと その9

うちの家に黄色のインコと白いインコがおります。
黄色のインコが約2年前から白いインコが約半年前からおります。
黄色いインコが『フクちゃん』白いインコが『オ~ちゃん』といい、名前の由来は黄色いインコが来たときに家にあったお菓子が『赤ふく』(伊勢のお菓子)『赤ちゃん』じゃ変なので『フクちゃん』。
白いインコはそのときあった岡山銘菓『㊤@@@@@@』(この『㊤@@@@@@』が当たった方には粗品差し上げます)・・・・で、『オ~ちゃん』実にいいかげん・・・・!!名前をつけられたほうも迷惑しているかもしれません・・・・。
 黄色いインコが長くおりますので非常に慣れておりまして、自分の名前をしゃべりながら肩に止まってゴキゲン!!白いインコはそれを見てマネをしたいのですがイマイチ根性がなくて横から見ているだけ・‥・。このインコ。黄色いほうがなんと『脂肪腫』。白いほうが『夏パテからくる下痢』と人間と同じような病気をやっております。『脂肪腫』になる理由は食べ過ぎの運動不足の偏食・・・・。人間でいう『高コレステロール症、中性脂肪が高い、脂肪肝』なんかが近いかな~て感じです。かわいそうに今は朝夜の1日2回ササヘルス(クマザサ抽出エキス。脂肪や体の中の不必要な物を外に出し血液をサラサラにする)とキヨーレオピン(ニンニク抽担液、国際ガン学会でガンに対する免疫力の強化が認められた)をうちの奥様に捕まえられて飲まされています。白いインコも顔を汚しながら飲まされています。(ドロボウみたいになってかわいそうですが‥・・)でもこの薬の効き目はすごいもので、羽根の色がピカピカになってきております。すごいものだな~なんて感心しております。
 ちなみに店では『水耕栽培 ヒヤシンス』を水とキョーレオピンとササヘルスを入れてどれが1番早く大きくなるかをやっています。(見に釆てね~)すでにキョーレオピン入りヒヤシンスの根が大きくなり始めております。(今のところ根だけですが‥・・)動物や植物は正直なものだな~と(臭いじゃ飲みにくいと文句言わんからな~)改めて感じております。又犬猫でもOK!!競走馬に飲ましたこともあります(知り合いですが、レバンコンクを1日1本)このように自然のものからできたお薬はすごいものです。ちなみにうちの奥様も実験中・・‥。何の実験か?何を飲んでるか?は また来月詳しく書きま~す。
プロフィール

渡邉 勝哉

Author:渡邉 勝哉
広島市 安佐南区 高取駅前で薬屋を営む くすりのあきてんしん堂 の店主。漢方薬の相談 健康相談 ダイエットなど幅広くご相談に応じます。お気軽にお尋ねくださいね・・・・ 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる