ひとりごと その223


003.jpg


その223話ですが、毎月1回なんだかんだと書いているわけですから、飽
きっぽい私がよく続いていると感心しております。
ちなみに1~2回「わ~書くことがない!」で飛ばした記憶があるので、
とりあえず18年以上たっているわけです。これが20年というと、
切りがよいので、だれかに褒めてもらおうと思ったのですが、18年・・・・笑 
53歳ですから35歳からこんなことをやっているわけです。

書いてることも、全然健康に関係ない話が増えてきていますし、
子供の養育日記だったのが、今では犬の養育日記・・・笑 
歳をとると書くことも変わるもんだな~~と感じているわけです。

全く人間として成長してないわけですから、普通だと、かっこよく
「人生とは?」また健康に携わる立場ですから、
「なぜ病気になるのか?」なんてことを書くと
いろんな意味でいいのですが、天邪鬼な人間ですから、
どうしてもそれができない・・・・。(もう一歳とると変わるかもしれませんが)
これを、親父によく「祭りの提灯」みたいだと褒められたものです(笑)
そんなこんなで、53年の月日は流れ・・・・
54年目に突入をしていくわけです。
歳をとっても子供心を忘れない・・・そんな人間でいたいものです。
(完全に童心になってしまうと違う問題が出ますけど・・・・)

さて2歳と2か月を迎えた4.2号は元気!元気!相も変わらず台風だろうが、
大雨だろうが、関係なく散歩に出ます。散歩をしていて思うのが、
自分より大きな犬には反応をする。
4.2号は約9キロですから中型犬以上だと、みんな相手が大きいわけです。
ということは、まあ~散歩をされている方の大半が中型以上ですから、
見かければ牙をむいて吠える。そして相手が、かまってくれるまで吠える。
「遊びたい」とか「気にいらない」のか?までは、わかりませんが、2
車線の道を挟んで見つけてはやるもんですから、たちが悪い。

前なんか相手はシベリアンハスキー3周りは大きいです。
その次はサモエド(たぶん)この犬は白クマが歩いてるようにも
見えるほど大きいのです。当然大きいので気性が優しいそうですが、
吠え方もドスが入って低い・・・うちみたいにチンピラっぽくなくてすごいものです。
リードの太さも洗濯ヒモと太めのホースぐらい・・・
私は、近くでお会いしたときは、小脇に抱えサッサと逃げる有様です。
その姿は白いバッグを小脇に抱えたホステスさんのよう・・・・笑
今夜は会いませんように~~と願いながら散歩をしています。

ひとりごと

002.jpg


「お手!」「お代わり!」「お代わり!」「お手!」「お座り!」
「ちんちん!」など・・・わんわん言葉の連続ですが、
これを理解しているのか?していないのか?という問題がある4.2号の話
(なんせ最近は1号、2号が面白くなくて・・・書くことないんですね・・・・笑)

まず、餌をやるとき・・・すると思うでしょう??
でもあまり餌には興味がないんですよ・・・
まあ確かにあのドッグフードを見ても、美味しそうには見えないですよね・・・・笑 
それよりは、やはり私たちが食べている餌のほうが美味しそうに見えるようです。
それは「トマト」「メロン」「ブドウ」「きゅうり」「肉」など・・・・。
すると2本足で立って身長78センチの彼は、ちょうど食卓テーブルに口が届いているぐらい。
一番頑張って、摂れる距離が決まってます。当然のことながら、
手よりも舌が一番の武器になります。でも4.2号よりも多分、頭のいい我々は・・・・舌
が届かない位置に食事を置いて食べる。すると、いろんな位置から顔を出して
アピールするんですが、疲れてくるとお座りをして、
1人で、「お手」「お代わり」「お手」「お代わり」・・・・挙句の果てには疲れて、

ふて寝・・・・笑

でも、思い出したように参加・・・・・。なんだかそんなことを食事中に
やっているわけです。まあ~確かに行儀が悪いですし・・・・
人とわんわんの・・・という問題もあるんですが、つぶらな瞳で、
特に、吠えることもなく訴えられると、「はい!トマト!」なんてことを
誰かがやっているわけです。それをするから、味を占めて4.2号にして
みれば、「モノをくれる法則がある」と思い、いろんなことをしながら、
これでもか~これでもか~とアピールをしているわです。

かわいいですよね~~犬の嫌いな方には理解できないと思いますが・・・・
無上の愛・・・・求めていますが、求めいていない・・・
こんな人格になってみたいもんだと、常に思うのですが、
私には108以上の煩悩がありまして、日々これと戦っているわけです。
それを考えますと、生まれたときの赤ちゃんの眼は澄んでいて
綺麗といいますよね。これが歳をとるたびに、濁り・・・
いろんなことに色目を使うように・・・・とりあえず濁りは
目の漢方薬を飲んで(ちょっと意味が違いますが)
日々精進していこう~~と思います。

「~~」こうなっているところで日々精進はあり得ないのですが・・・・笑
とりあえず、目のために十五夜はチャレンジしてみます・・・・。(^^♪

ひとりごと その221

006.jpg


いや~~夏ですよね~私は53回目の夏ですが、この夏が、
冬生まれなので大変苦手です。と言って、冬生まれだから寒いのは大丈夫かと??
いわれると、やはりダメなんですが、唯一冬がいい理由というのがあるわけです。

それは・・・・

虫がいない・・・

それも、「頭文字G」・・・

怖いですよね~~彼らは、なんでも食べるし、どんな状態でも家に侵入するし、
そして飛ぶ!3拍子も4拍子もそろった強者です。
なんせ出たら大騒ぎ(まあ~騒ぐのは私だけですが・・・・)
出たら、0号を呼び、退治してそれを違う場所に持って出るまで、
そこの場所には行かないという素晴らしさ・・・。
よって年に3~4回バルサンをするのですが、
それでも人をあざ笑うように登場してきます。

昨今は昔ほど私自身が機敏に動けなくなってきているのも相まって、
その姿を見て、0号が笑うことも多々あるわけです。

それは・・・・

昨日のこと、流しでコップを洗っていたら、スポンジの横から

「お元気ですか?」「お久しぶりです!」なんて出てきたから大変・・・・

そのあとハチ用のスプレーで退治するんですが
(ハチ用はスプレー自体がよく飛ぶので、必ず私はこれを使っています。薬剤も強いですし)
その行動が「老いと相まって、遅い」らしいのです。それを見ながら笑っているわけですね・・・。
こんなに一生懸命なのに~~でもここで反抗すると死骸を捨ててもらえないので、
おとなしく笑ってもらっています。それ以外にも朝ひげを剃っていて4.2号の白い毛が
ついてると思って取ろうとしたら、自分の白髪だったり・・・・。

53歳にもなると、自分のわからないところで、老いが始まっているようです。
やっと2歳の4.2号に、「いいね~~若いって・・・・」と背中を丸めながら
話している私・・・・。ブツブツ言うのも・・・老いだそうで・・・・涙
暑い夏!皆様ブツブツ言いながら過ごしましょうね~~~~笑

ひとりごと その220

016.jpg


「出たな!へんたい親父!!」「来るなら来てみろ!!」
「言ったな!へんたい親父の娘!!」「眼にモノを見せてやる??」と始まる、
風呂上りの行事ですが・・・・。

まあ~爽やかな話ですよね~~風呂に入る前にパンツとシャツを
持って行けばいいのに、持っていかない・・・・
私も小さいころに、家に「へんたい親父」が出没していた記憶があります。
(←これってどこでもあるのかな~と感じているのですが・・・間違ってますか??)

個人的には、風呂に入る前に持っていけばいいのですが(パンツ)
それを風呂に入ると言う行為だけで忘れる・・・・・。
それを今日も明日もあさっても、繰り返しているわけです。
昔はクレヨンしんちゃんのように「ぞ~うさん~ぞ~うさん~」とやって
1号2号を喜ばしたものですが、今やると最上級の、ほめ言葉「ほんもの!へんたい親父」と
言ってきます。(それ以外にもへんたい親父キングとかも言われます)

そんなことをしながら「お前たち大きくなったな~~」という
意味のわからない言葉で返す私も私ですが・・・・・。そ
れに乗ってくれる娘どもも、おかしい気がするわけです。
ういう行動を僕も参加!という格好で出てくるのが4.2号・・・・。

なんせ「ぎゃ~ぎゃ~」いいながら「出たな!へんたい親父」とか「ぞ~うさん」
などと、わけのわからない激論を交えるわけですから
「親分!あっしも参加しやすぜ!」「わんわん!!」
「なんなら!1号を噛みましょうか?」「わんわん」
「わ~僕も参加させてくれ~~」とこんな感じでまとわりついております。
(4.2号は行動を見ていると「江戸っ子」が似合う感じがするので「あっし」「参加しやすぜ!」にしました。)

こうやって、私のお風呂上りの行事は終わるのですが・・・・・。

冷静に考えると、こういうことを毎日繰り返していると言うことは、
学習能力の低下か、それとも下半身の自由性もしくは主張を優先しているのかは、
わかりませんが、若干反省をしております(文章で書くと俺ってあほだな~~と・・・笑)

でもね・・・「冬は割りと早く着るんですよ~~」と言うことは
「夏が開放過ぎるからか~??」と考えております。
「ぞ~うさん」より新しいバージョンができましたら皆様にも
ご報告しますね~~「???」「誰も知りたくない??」
「そりゃ~そうだ・・・・笑」
では、
皆様暑いですが、解放的にはなり過ぎないように楽しい夏をお迎えくださいね~~~

ひとりごと その219

014.jpg


お客様とよく話になるんですが、「最近いい時期がなくなりましたよね??」という会話・・・・。
いい時期というのは、確かに減ってますよね・・・・。
昔であれば、5月なんて本当に暑すぎず、湿気もなく、そして爽やかな青い空・・・・。
それが、天気がいいのはいいんですが、半そでにするか、それとも何を着るか?
なんてことを、悩まないといけません。
それもそのはずで、夜と昼の気温の変動が激しいから・・・・。
よって春やら秋に着る服なんて出番が少なくなって、なんだか冬物から、
いきなり夏物という事も、多々あるわけです。

またエアコンが強く効きますので、部屋に入ると今度は寒い・・・・。
こんなんじゃ~体も持ちませんよね・・・。
その点、服の脱いだり着たりをするのが面倒だ~という人間様も
大変ですが、毛だるまの4.2号はもっと大変です。

トムとジェリーのように、脱いだり着たりができると面白いのですが、
そうもいきませんから、抜け毛の季節がやってくるわけです。
うちのわんわんはスピッツなんですが、この毛の抜け方が尋常ではなく。
「バサッ、バサッ」と落ちます。去年なんか丸めたら
もう一体できるほどの量が抜け替わるからビックリです。

これで毛糸を作りセーターができるんでないかな??と思っていたら、
やはり、そういうことをする人がいるようで・・・・・。
ネットで見たときはびっくり・・・・。きれいな白いセーターを作ってらっしゃいました。
さすがにそんなことはできませんので、
ふわふわと飛ぶ白い毛を見ながら、物思いにふけることも多々あります。

「あ~白い毛よ~どこへ行く・・・・。」

「あ~私は部屋の片隅で、丸くなるのだよ・・・・」(白い毛 談)

そして部屋は汚れていくわけです・・・・笑

しかし、若いっていいですよね~~
2歳前の4.2号ですが、行動というか?活発度の度合いが誰よりも上なのです。
散歩に行こうと思ってビニール袋を持てば私の胸の高さまで飛び上がって喜ぶし、
トマトを持てば、お手とお代わりと、お座りの連続技を繰り返す・・・・。
それを、見るのが楽しいのです。
しかし、もう少し落ち着くのはいつだろうか悩む日々が続いています。

プロフィール

渡邉 勝哉

Author:渡邉 勝哉
広島市 安佐南区 高取駅前で薬屋を営む くすりのあきてんしん堂 の店主。漢方薬の相談 健康相談 ダイエットなど幅広くご相談に応じます。お気軽にお尋ねくださいね・・・・ 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる